読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Suita Kaze Projects のブログ

吹田の風プロジェクト♫東日本大震災復興支援:音楽を通じて防災意識を高め311から学び広げる活動をする:ボランティア団体

4/25(土)万博公園にて「おのくん里親さん大集合!」

 

f:id:suitanokaze:20150426120946j:plain

4月25日(土)快晴の大阪吹田万博公園にて「おのくん里親さん大集合!」

f:id:suitanokaze:20150426112340j:plain

おのくん缶バッジと風の缶バッジだよ〜〜ん モデル:おの流星くん

 

昨日は、春らしい天気の中、 吹田市万博公園にて

「おのくんの里親さん大集合」の企画がありました。

京都市堺市茨木市門真市尼崎市フィンランド吹田市から

「おのくん」と一緒に計18人(家族連れも入れて)が集合しました。

吹田の風プロジェクトの缶バッジの普及のお願いも兼ねて

 

ギター持参で「紙ひこーき」

♫とばしてみようか このかみひこーき

どこまでとぶかな このかみひこーき♫

演奏させてもらって参加してきました。

皆さま「風の缶バッジ」の協力ありがとうございました。

f:id:suitanokaze:20150426112952j:plain

うちの「おのみどり」も最前列に鎮座しています。

 

さて、おのくんとは!

東日本大震災被災地の宮城県東松島市 小野地区の

仮設住宅のお母さんらが創り出されたソックモンキーのこと。

素材は靴下に綿を入れ縫い合わせた、ぬいぐるみのことです!!

今では、マスコミに取り入れられ全国的に有名になった「おのくん」

吹田に、おのくん里親世話人として「半崎チーム」が誕生して

初めておのくんが登場したのが2013年3月にJR吹田駅前での

復興支援チャリティーイベントでした。

f:id:suitanokaze:20150426111009j:plain

どひゃあ〜なにすんねん!さすが関西人!

 

私たち吹田の風プロジェクトの復興支援チャリティーライブイベント

には 必ず「おのくん」の姿がありました。

東松島市の小野地区のおのくんハウスから毎回30体くらいを納入

復興支援チャリティーイベントにて里親募集する活動。

昨年の大晦日にフジテレビ系列で放映された吹田浜屋敷での

「おのくん里親さん大集合」をきっかけに、

あつまろう企画へと広がっています。

f:id:suitanokaze:20150426111045j:plain

紙ひこーきを歌いながら!紙ひこーきを折っています

 

 

昨日は、JR福知山線脱線事故から10年の記念すべき大事故の日でした。

果たして、何人の人が覚えていたでしょうか?

月日の経過で風化していく事故や災害の世間の記憶です。

 

3.11から4年・・・東北の被災地の復興は、まだまだですし、

福島県は、原発事故と被爆と二度と帰れない、

ふるさとの被災地はベールに包まれたまま

風化しつつあります。

 

遠く関西の地から何が出来るのだろうと考えた時に

「おのくん」の存在が東日本大震災の風化を止め

3.11を忘れないことに繋がります。

里親活動とは「おのくん」を連れて東松島市の小野地区に

訪ねて来てほしい・・・が願いです。

昨日の参加者には何人かの人が訪ねています。

f:id:suitanokaze:20150426111030j:plain

綱引きちゃうでぇ〜〜〜

 

地球の温暖化による自然災害は毎年巨大化していますし、

世界各地で、日本各地で地震やメガ台風や火山の噴火にゲリラ豪雨

必ず起こると言われる南海トラフの大震災など誰しもが

遠くない「未来の被災者」なんです。

f:id:suitanokaze:20150426110940j:plain

地球のメガエネルギーは人間の科学技術なんぞ、 木っ端微塵にする力です。

果たして、何が出来るのだろう。

決して、他人事にするのではなく。

人の弱みに寄り添える社会になればいいですね…

「おのくんの里親活動」は そんな気持ちにさせてくれる

コミュニティだと思います。

3.11を忘れないことが本当の復興支援なのかもしれません。

f:id:suitanokaze:20150426112316j:plain

写真提供:©おのくん里親さん大集合に参加された皆様

文責©吹田の風プロジェクト

f:id:suitanokaze:20150426124856j:plain

 

東日本大震災復興支援!音楽で届けよう!みんなの想い

吹田の風プロジェクト♫詩歌敬